脅威の的中率!当たる恋愛占い

甘え上手な女になってライバルに差をつけよう♪

甘え上手な女になってライバルに差をつけよう♪

社会で出世している女性などの中には「私は絶対に男に負けない、男になんかこびたりしない」という人がいますが、こういった女性はあまり男性にモテることはありません。

 

他の例ですと、会社でも仕事をテキパキとこなし、オシャレでお弁当も毎日作り、収入も世間の男性よりも上という女性からみても完璧な女性は、なかなか彼氏ができない事が多いのです。

 

それはなぜか?自分で何でもできるので、彼氏に頼らなくてもいいし、ひとりでも問題を解決できる能力をもっているからです。

 

これは独身が長い男性にもいえますが、家事スキルがあまりにも上がってしまうと、生活に不便を感じなくなりますので、恋愛や結婚からも遠ざかってしまいます。

 

「そんなの男にこびてるみたいで嫌」「男性にも都合があるし、あまり頼ったら嫌われるかも?」

 

こう思っている女子は多いかと思いますが、確かに何でも男性に頼ってしまうと男性は段々嫌気がさして逃げ出してしまいます。

ところが、男性はいざという時にこそ頼られると、いつもより張り切って何でもやってくれますし、そういう女性をかわいいと感じてしまうのです。

 

恋愛とは奥深いもので、周囲からはわがまま・自己中心的な性格でもなぜかいつも彼氏が途切れないという女性が多く、そういう女性はたいてい甘え上手な人です。

 

子育てと恋愛は育てるといった面では非常によく似ていて、何でもできる子にはあまり目をかけなくても大丈夫だと感じますが、天然な子や危なっかしい子の方につい目がいってしまいがちです。
人は元来不安定な物を好む性質がありますので、こういった不完全な性格を好むのかもしれませんね。

 

男性を引きつける甘えのテクニック

おねだり上手の女性になろう

男性は自分の好きなフェチ的な面には敏感ですが、女性が発しているサインには鈍感なものです。いくらしぐさや目線で訴えかけてみても、なかなか気づかない人が多いので、次第に女性はイライラし、ついには爆発して別れたり、離婚することへとつながっていきます。

 

そんな男性には直接的に「このワンピースかわいい、似合うかな〜」ではなく「このワンピースかわいい、ねぇ〜買ってよ」
と値段が手ごろな物の場合、直球でお願いするのがベストです。

 

男性は好きな女性を喜ばせたいと思っていますので、欲しがっている物を買ってあげることで彼氏のお財布は軽くなりますが、精神的には非常に満足できるのです。

 

でも何でもホイホイ買ってとねだるのは「オレの事は財布代わりにしか思っていないのか?」という疑問を抱かせることにもなりますので、あくまでも彼を満足させたい、彼に迷惑をかけない程度の物にして下さいね。

 

いざという時には、彼氏や男友達に頼る

男性は頼ってきた女性の事を異性として見ていなくても、頼られると何かをしてあげたくなります。

 

例えばパソコンの細かい設定が分らない、DVDとテレビが繋げない、電球に手が届かなくて替えれないなど、そんなささいな事でも頼りにされると、俄然張り切ってしまうのが男性です。

 

恋愛初期や、片思い中の男性にも、頼られる事=心を許しているというサインとして受け取ってもらえますし、同じ空間で色々と話をしながら作業を進めることによって連帯感も生まれますが、ここで注意したいのは、相手をこき使ったり頼りすぎてしまわないことです。

 

頻繁に呼び出していると、ただ都合がいいからよびだされているのか?と男性が感じてしまいますので、何かをやってもらった後にはちゃんとお礼の気持ちを表すようにしましょう。

 

 

男性をちゃんとほめてあげよう

女性は同姓同士でほめあう事に慣れきっていますので、相手をほめることに鈍感になりがちです。

 

男性をほめるポイントは、ほんの小さなささいなことでもいいので、いいところがあったらきちんとほめる事です。

 

男性は子供の頃以外、大人になったらなかなかほめられるという経験がなくなりますので、少しでもほめてもらうとテンショもあがりますし、素直に喜んでくれます。

 

日ごろから彼の行動を見ていて、どんな所をほめたら彼は喜んでくれるだろうと考えておくことも大切です。

関連記事一覧

関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ