「ワガママかわいい」女性はなぜモテるのか

「ワガママかわいい」女性はなぜモテるのか

「ワガママかわいい」女性はなぜモテるのか

同性の目から見て、どうしてもワガママにしか見えないのにとっかえひっかえ彼氏ができているのはなぜ、という女性はいませんか。
デートの話を聞いても彼女のワガママにつきあっているのは何故だろうと思ってしまいますよね。
そんな女性は、実は「ワガママかわいい」女性なのです。
ワガママなのにカワイイ女性が何故モテるのか、考えてみましょう。

 

 

理由がはっきりしているワガママ

ワガママかわいい女性は、屁理屈はこねません。

 

何か強引な行動を取った時に、「私がそうしたいと思ったの」ときっぱりと言います。
他に理由はないというあまりにも潔い姿勢に、男性は魅かれるものなのです。

 

このワガママの良いところは、相手の為に取った行動でも見返りを求めていない、という性格の良さを感じさせることができるという点です。
さりげなくプレゼントを渡したり、手料理を作ってあげたりしたときにも使えますね。

 

 

駆け引き上手なワガママ

自分がワガママであることを知っていて、男性を振り回した後で、きちんと「ありがとう」と言える女性は間違いなくカワイイと思われます。

 

例えばデートの時に行く場所は「どこでもいい」と言っておきながら「海はイヤ」「映画館はイヤ」と言った挙句に「車じゃなきゃイヤ」と言われると、ムカッとしますね。

 

しかしデートの帰りに「今日は私のワガママ聞いてくれてありがとう、とても楽しかった」と言える女性なら、男性は離れません。

 

大切なのは「ごめんなさい」と謝ることより「ありがとう」とお礼を言うことです。

 

 

どうしてワガママ女性が好かれるのか

男性は正直ワガママ女性に対して「何だよ」と思うところはあるのです。

 

しかし、それでも言うことをきいてしまうことにより「何で自分はこんな女のいいなり何だろう」と自問自答します。

 

ところがそのワガママをきいてあげた後には必ず満面の笑みを浮かべて「ありがとう」と言うし、それで楽しいデートができたことで彼の中には満足感が湧きます。

 

その後明確な答が見つからないと、「きっと自分はそれだけ彼女のことを好きなのではないか」と勝手に思い込んでくれる、という心理効果があるのです。

 

 

おわりに

ワガママかわいい女性は、素直であることが大切です。
ワガママをきいてくれたら喜ぶ、楽しむ、笑う、そして彼に感謝してホメる、これが出来れば「かわいい」部分が勝るので、男性としても尽くす喜びを味わうことになります。
ワガママと気配りを使い分けて、是非かわいい女性を目指しましょう。

関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ